マリカフェ

世界の色んな料理や面白いレシピを見ると、ついカッとなって作ってしまう、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされている料理ブログ

グルメのムカつく?ふだん飯

どこかで読んだことがあるんです、ずいぶん昔に、どっかのグルメなおっさんがインタビューか何かで答えていたこんな言葉を。


「僕は毎日フレンチばかり食べていると思われているけど、普段の昼ごはんと言ったら、シンプルに油揚げをサッと焼いたものを刻んで、しらすと大根おろしと一緒にご飯に乗せて食べている」


・・・なぜだか当時、それを読んで「ケッ!」と思ったのです。


何でしょう、本当はグルメだけど、普段は油揚げみたいなもん、食べてるんだよ〜ん、と意外性庶民性をアピールしてます風に受け取ったんでしょうか。

しかも、この

油揚げをサッと焼いたものをどうにかしてご飯に乗せて食べる

のが一番好きな食べ物、と雑誌か何かで答えていたの、この人だけでなく、他の人も似たようなことを言っていたのを、別に読んだ記憶もあり。


以来、「油揚げをカリッと焼いたの」をどうにかするのは、真のグルメの象徴、ってか!ケッ!とさらに思ってしまったようです。


何でしょう、遅く来た反抗期か何かだったのでしょうか。


でも時々、ふっとそれを思い出して、やってみたいな〜、食べてみたいな〜と思っていたのです。


しかし、しらすの入手がこちらではハードル高い。


いや、日系スーパーに行けばいいんですけどね。高級品です。


でも先日、えいやっ!と思い切って(ネタのために?)買ってみました。


で、やってみました。

醤油がじゃーっとかかっている瞬間を取ろうとして、タイミングを逃し、醤油のしぶきがはねた茶碗の写真になってしまいました。


油揚げの切り方も微妙です。


フードスタイリングって、難しいね!


・・・味も普通に美味しかったです。普通すぎて特にあまり言うこともないような。


 
・・・で、気になって、この記事を書くにあたり、この油揚げを云々のくだり、どこで読んだんだろうと一生懸命思い出し、本棚をごそごそしてみました。これでした。



「月刊アッコちゃん」と言う、天才ミュージシャン矢野顕子さんが月刊カドカワに連載していたコーナーのコメント(私のランチタイムについて)に載っていたのでした。


ヨコですが、矢野顕子については、最初は音楽ではなく、なぜか高校の図書館にあったこの「月刊アッコちゃん」を読んでその存在を知ることとなりました。


それにしても、山本益博・・・知らんなぁ・・・と思ったら、あの映画「Jiro Dreams of Sushi」のジロー寿司・・じゃなくてすきやばし次郎、を紹介した人なんですね。


そういえば顔は何となく見覚えがあるような。って、加藤芳郎と混ざって覚えているような気もする。


バブルの時代は子供だったので、グルメブームだ何だ、そんなものは享受することもなく終わった私の日本時代。


しかも、読んでみるとご飯の上にかけるものはしらすじゃなくて、しょうがとかつお節とあるじゃないですか。記憶違いもいいところだ。


美食ってものは、油揚げ一枚でもその素材を美味しく食べることを考えること、か。


しょうがとかつお節だとさらにもっと美味しいんだろうか。しらすは一体どこから来たのか。


ごく普通に美味しかったのは、しらすだったからか。


またしょうがとかつお節で試してみたいと思います。


それにしても黒木香って懐かしいですね。子供でしたけど、脇毛ボーをテレビで見た時は衝撃的でした。


と言うか、小学生がAV女優のことを知っていた世界って、やっぱりちょっと変ですね・・・。


にほんブログ村 料理ブログへ