読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリカフェ

世界の色んな料理や面白いレシピを見ると、ついカッとなって作ってしまう、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされている料理ブログ

【世界の朝ごはん】全く時短ではないフレンチトースト

優雅な朝ごはんといえばフレンチトースト(違う?)。

フレンチというからには、フランス料理なんだろうか?

でもそうしたらフランスではフレンチトーストはフレンチトーストとは呼ばれていなそう。

なんでも載ってるWikipediaさんによるとフランス語ではpain perdu (失われたパン)と言われてるんだそうで、古くて固くなったパンを美味しく食べる方法として、フランスに限らずギリシャなど、随分昔からある手法のようです。どれくらい昔かというと、日本の歴史でいうと奈良時代位だって!

多分牛乳と卵を使うところが、英語ではフレンチトーストと呼ばれる所以なんでしょうねぇ(フレンチバニラとかもそうだし)。

私はフレンチトーストというと映画「クレイマー・クレイマー」を思い出してしまいます。

ダスティン・ホフマン演じるパパが、マグカップに卵をぐちゃぐちゃに割り入れ(もちろん殻入り)指で混ぜ、食パンを折りたたんでそこに無理やり押し込んでディップ。

パンをフライパンで焼く時に残りの卵液も上からじゃーーーっとかけてしまう。

で、コーヒー淹れたりわちゃわちゃしている間に、トーストはお約束のこげこげに。

忙しい日の朝、ふだん料理しないパパがぱっと作れる料理では、まず無いかもね・・。


***


さて、我が家のフレンチトーストは、ホテルオークラの思いっきりパクリ。

フレンチトーストを食べると決めたら最低でも1日はかかる、簡単☆時短とは程遠いものです。

ホテルオークラが手の内を思い切り公開してくださっているレシピはこちら。

www.hotelokura.co.jp

ポイントは、パンを丸々1日かけて、たっぷりの卵液にじっくり浸すこと。
フライパンで焼く時間も、弱火でじわじわ15分。
難しくはないけど、時間はかかるレシピです。

しかしシェフの言うことを聞いてレシピどおりに作ると、プルプルのカスタードプリンのパンを食べているような、ものすごく美味しいフレンチトーストが出来上がります。

今まで食べていたフレンチトーストは、ただの薄焼き卵焼きパンだったんじゃないか・・と思えてくるような美味しさ!

これ、ホテルで朝食として食べると、奥さん、にーさんぱっするんですってよ!(2380円)

ほんなら家で作って食べるわー!
って、単にケチなだけかーい!

アメリカのトースト用のパンは、そうでなくても薄切りで小さいのですが、
このレシピで作る時にはものすごく厚切りのパンを使うことをオススメします。

我が家では、残り物のパンは使わず、このためにわざわざ厚切りのブリオッシュパンを買います。

もともとふわふわなところに卵液を吸い込んで、さらにフレンチトーストの高みへ・・・・!(うわー)

時間がかかるので、年に2−3回作れれば良いかなという感じではありますが。
金曜日の朝から仕込んでおいて土曜日の朝食に、ぜひお試しください。
または土曜日の朝から仕込んでおいて日曜日の朝食に、または日曜日の朝から・・(以下略)