マリカフェ

世界の色んな料理や面白いレシピを見ると、ついカッとなって作ってしまう、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされている料理ブログ

【プロジェクト・エルサレム】【我が家の定番】31品目:ハーブパイ

料理本「エルサレム」のレシピを全部作ってしまえプロジェクト、31品目はハーブパイ。

初めてのかたは、こちらから

www.maricafejp.com

スイスチャード、セロリ、ルッコラ、パセリ、ミントにディルなど、色々なハーブや葉物野菜がはいったパイです。

この大量の葉物も、炒めちゃうとあっという間にかさが減ります。

そのほかの材料は、リコッタチーズや卵、玉ねぎのみじん切りなど。

コレをフィロと呼ばれる薄いパイ生地にのせ、生地も何層にも重ねて焼きます。それぞれの層の間にはオリーブオイル。

これでパリッとしたパイの出来上がりです。

出来上がったパイ、味はどちらかというと、チーズがまとめている感じで、色々な種類のハーブの主張は炒められた後だからか、あまりありません。

料理本では、エルサレムでふんだんに手に入るハーブを使って、トルコからバルカン諸国まで、各地で見られるスファラディ系ユダヤ人のペイストリーを参考にして作ったレシピ、とありましたが、これはものすごく食べなれた味。そう、ギリシャのほうれん草のパイ、スパナコピタそのまんまの味でした。

そう考えたら随分気楽になって、我が家ではこのパイ、定番で作るようになりました。フィロ生地もスーパーで普通に売っているので、冷蔵庫にその日残っている葉物・・あまったハーブ、キャベツにケール、ほうれん草など、なんでも炒めてパイ生地に。チェダーチーズやフェタチーズをまぶし、卵もそのまま上から割り入れてしまいます。

全部目分量なのですが、毎回微妙に違う材料でやっても全然おいしい。子供も気づかない間にたっぷり野菜を食べてくれるので、フィロ生地さえあれば、あとは残り物で適当につくれる便利なレシピになりました。

この料理本のレシピ、一度作って二度と作ってないものも多いですが(笑)、このハーブパイは、アレンジを加えて我が家の味になったものの一つになりました。

イギリスは高いは本当か?

6月に長年住んだサンフランシスコ・ベイエリアを離れ、イギリスはロンドンに引っ越しました。海外引っ越しは本当に大変だった・・、まだまだ引っ越し荷物も届いておらず、ミニマムなキッチンで料理をする日々です。

サンフランシスコも住居から何から高かったですが、ロンドンに引っ越すと聞いて「ロンドンはそれ以上に物価が高い」というイメージを持っている人がアメリカには多かったのが印象的でした。昔は1ポンド=2ドル近くしてましたし、私もちょっとビビってたのですが・・・

ロンドン、意外と高くない。食費に限っていえば、(外食さえしなければ)かなり安い。

大手スーパーチェーンが周囲に3つほどあり、普段はそこに行っていますが、ハイエンド路線と紹介されているお店でさえ、ベイエリアと比べると俄然安い。

500グラムぐらい入っているスパゲッティが40ペンス、食パン一斤80ペンスとか。最初に見たときはえぇ〜?!とびっくり。(現在1ポンド=1ドル30セントですが、気分的には1ポンド1ドルな感じ)

野菜も安い。トマトが6個で60ペンス。
人参、1キロ近く入ってそうな袋が40ペンス。
玉ねぎ一個10ペンス。

嬉しいのは生ハムが安くて、パルマハムの薄切り250グラムぐらいが1.8ポンド。アメリカの4分の1の値段です。一玉80ペンスで売っていたメロンと合わせて、ものすごい格安で生ハムとメロンの前菜ができてしまいました。

モッツァレラも、なんと一玉70ペンス。これにトマトとバジルを合わせてカプレーゼに。さらにパスタを一品用意すれば、イタリアン3品のディナーが日本円にすると家族3人分、450円ぐらいでできてしまいます。特に物価のバカ高いベイエリアと比べて見ると、半端ないこの格安感。

一方アジアのものは、こんな感じの品揃え。でもイギリスでアジアというと、それは主にインド、パキスタンのこと。なので「アジア食品コーナー」を見つけて喜んでも、実際はカレー系のものやバスマティ米ばかりが並んでいることも多いですが・・(苦笑)それでもまあ、醤油や海苔やちょっとしたものは、専門店に行かなくてもだいぶ手に入ります。たべっ子動物とか、いらないけどな・・

わー、ラードがこんな感じで売られている!と撮った写真。横に写っているのは、ガチョウの油。ベイエリアではグルメ系のスーパーに行かなければなかったそんな高価なものも、1ポンドちょっとで売られています。

生ハムとか、こういうものとか、高いのが当たり前と思っていたものが安いのは、それが地のものだから、というのもあるんでしょうね。って生ハムはイタリア産ですが、アメリカや日本と比べると運び賃は安いし、何しろEU圏だし。アメリカでも売られているフランス産のジャムも、こちらでは3分の1の値段でした。

野菜、果物などは他のEU国からの輸入も多いので、Brexitしちゃった暁にはどうなってしまうのか、心配な部分もあります。食費にも直接打撃はくるだろうし、hard Brexitの場合は、供給そのものに問題が出るかもしれないので、備蓄しておいた方が良い、という話もあり・・・怖 本当に、なんでBrexitするんだろう・・。

こういう商店街や青空市で買うとさらに安い。この間はイギリス産のいちご、2パックを1ポンドでゲットしました。

まだまだ調味料や油など、買い揃えないといけないものが多いので、まだ少しかかってはいますが、多分月の食費は家族3人で300ポンドぐらい(我が家の8歳児は大人並みに食べるので大人3人分の計算です)。

まあ食費が安いからあとの生活に余裕があるかというと、イギリスの平均給与はベイエリアと比べると俄然安いので、そうとも限らないのですが・・・。私がベイエリアでやっていた仕事をこっちでもやろうとすると、サラリーは3分の1ぐらいになってしまいます。

何はともあれ、安い安いと喜んでばかりはいられないイギリスの食糧事情についても、ぼちぼち書いていきたいと思います。住むことになったからには、イギリス料理も色々覚えたい!!

以前ロンドン中心部に滞在していた時の自炊事情はこちら:

note.mu

【プロジェクト・エルサレム】30品目:コールラビサラダ

実は細々続いていた、プロジェクト・エルサレム。料理本「エルサレム」のレシピを全制覇しようという無茶な試みです。

初めての方は、こちら。
www.maricafejp.com

30品目は、実はだいぶ前に作っていました、コールラビサラダ。

コールラビ、ウォータクレス、ヨーグルト、スマックの組み合わせ。

って食材の名前がカタカナばっかりですが、

コールラビはカブのようなお野菜。カブのようですがキャベツの仲間アブラナ科だそうです。クックパッドにもレシピが色々出ていたので、日本でも出回ってるんでしょうか?

ウォータークレスは、クレソン、といったほうが馴染みがあるでしょうか。出ればタイソン、戻ればクレソン。あ、違う。

ヨーグルトは、濃いめのグリークヨーグルトを。そして勝手に中東のゆかり、と呼んでいるスパイススーマックをふりかけて味をまとめます。

普段買わないお野菜ばかりだったので、全くリピはしていませんが、この料理本のレシピも30種類再現していると、なんとなく、あ、こういう材料や調味料を組み合わせると、地中海や中東っぽくなるのかな、というのがすこーし、わかってきた気もします。

「中東のゆかり」はこちらもどうぞ!
www.maricafejp.com
www.maricafejp.com

レタスを炒める

先日紹介した、ウーウェンさんの炒め物の本にあったこんなレシピ。

https://www.instagram.com/p/BhX6t8MAskz/

レタスを、醤油やオイスターソースで炒めたもの。

本当はもっとざっくり切って炒めるのですが、レタスが4分の1玉ぐらいしか残っていなかったので、ちょっと細かめに切りました。


このレタスの炒め物を初めて見たのは香港映画で、シングルファーザー役のチョウ・ユンファが子供に作って食べさせていたような・・。一体何の映画だっただろう。多分そのあと二丁拳銃で白い鳩がスローモーションで飛び交う教会でドンパチするようなタイプのやつだっただろうか・・(笑)

レタスに火を通すなんて考えても見なかったので、ヘェェェと驚いた記憶があります。

思えばチャイニーズで生野菜が出てくることは、飾りの人参とか以外そんなに見たことないかも。もちろん中華風のチキンサラダとかもあるし、そういうメニューが全くないわけではないけど、我が家の広東料理しか食べない義両親の家では、サラダ類、生野菜類は一度も出たことが無い・・・。

食品衛生面のこともあるかもだけど、あとは生野菜は体を冷やす云々、というのもあるのかもしれません。色々神経質なうちの義両親の場合は、前者の意味合いが強い気もしますが・・・w


生といえば、広東料理至上主義、生野菜がダメな義両親(特に義理母)にとって、刺身なんてさらにもってのほか。「あんなものはまずいし腐ってるかもしれないしあかん!」というので食べたことあるの?と聞いたら「ある!」。へーどこで?と聞くと「香港に行く飛行機の機内食で出た」。うーん、それは最初の経験としてはあまり良いシチュエーションじゃ無いかもね、と言うと「でしょ!だから手をつけなかったわよ(ドヤ顔)」・・・って食べてへんし!!コリャアカン


さてこちらのレタスの炒め物。見た目はちょっとですが、炒めてもしゃっきり感は残っており、意外にも子供が喜んで食べたのにはびっくり。そういえばレタスチャーハンなんかもレタス入れてからちょっと炒めたりしますしね、全然ありです!

大好きな炒めもの

大好きな炒めもの

www.maricafejp.com