マリカフェ

世界の色んな料理や面白いレシピを見ると、ついカッとなって作ってしまう、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされている料理ブログ

人と作る飯はうまい:中華の宴

人に作ってもらう飯はうまい。

人と作る飯はさらにうまい。

ものすごく不定期ではありますが、料理好きな旦那さんを持つ友人たちと集まって、旦那によるお料理がメインの食事会がたまーに開催されています。

今回は、料理男子NTKおじちゃんと、肉担当うちのパパがメインを用意、残りメンバーも何かしら数品貢献するという、チームをあげて総攻撃的な会になりました。

NTKおじちゃんが作る中華パリパリ焼きそばに合わせて、なんとなく皆中華風のものを用意。

麺類は場所提供してくれた、Mちゃん家の台所で調理。


あとはだいたい持ち寄りで、盛り付けと仕上げのみ会場にて。

手前にあるのが、我が家のお肉大臣大きいチャンによる海南鶏。これに、陳家爺爺から伝わるタレをつけていただきます。残ったスープを使って土鍋でご飯も。

こちらも大きいチャン作の自家製チャーシュー。ちょっと肉のマリネ時間が足りなかったと悔やんでいましたが、そのためか、優しい味のチャーシューに。

赤い色は、お店なんかでは赤色○号、と人工着色料を使うことが多いようですが、ここではマリネに「南乳」を使っています。

腐乳とも呼ばれる中国の発酵調味料で、豆腐を赤い麹につけこんであるのですが、臭いがすごい。旦那が時々これをご飯に載せて食べるのですが、納豆とはまた別の臭さで私は逃げます。まあ、自分かて納豆食べてるのに腐乳食べる旦那に臭い臭い言うのは思えば勝手な話ですね・・。

前菜として私がご用意したのは、中華風の夏野菜の煮びたし的なもの。以前中華のお料理教室で習ったレシピで。入っているのはパプリカ、アスパラ、茄子、白キクラゲです。

こちらも。豆絲涼拌。

豆腐でできた細い麺に、セリと、適当に作った中華風タレを和えました。

これを盛り付けているお椀は、NTK夫妻の妻のほう、Kちゃん作。陶芸はじめてそんなに経たないでこの腕前。夫は料理、妻は陶芸、って最強の組み合わせ!!

Mちゃんがお家にあるものでささっと作ったキュウリの辛めのやつ。

と、自家製塩麹で和えたキュウリ。甘みが〜!

こちらがNTKおじちゃんの伝説のかた焼きそば!

油は使わずに、ノンスティックのフライパンに押し付けて焼いてカリッとさせています。

水で大量に戻し過ぎた白キクラゲも、家から持ってきて材料に使ってもらいましたw

こちらも、Mちゃんの即興デザート。自家製の豆乳ヨーグルト、自家製甘酒少々と、冷凍してあったラズベリーをミキサーでガーッとして、そこにまだまだ余っていた白キクラゲを投入。水で戻したクコの実入り。

白キクラゲは、シロップで煮たりしてデザートにも使えます。ここではハイビスカスティーで煮たけれど、ヨーグルトにどんと入れたので、下味はつける手間かけなくてもよかったかも。

甘く煮て、かき氷やアイスやゼリーなんかに使って見るのも良さそうです。まだ大量にあるので、早く使わねば・・・!

食べ物もですがワインやらお酒やらも大量に空き、ちょっと肌寒いベイエリアで食欲の夏、な会になりました。

にほんブログ村 料理ブログへ

クレタのダコス!

ギリシャで食べたおいしいものシリーズもぼちぼち書きたいと思います。

第一弾はクレタ島のダコス!


なのですが、レシピはここではなくて、こちらに書かせて頂きやした〜。

limia.jp


今月より、月に何度か不定期でこのLIMIAというサイトにレシピを書くことになりました。

なんとなく、クックパッド的なタイトルが私らしくなくてこっぱずかしいです。

が、サイトによっていろいろターゲットがあるようでして。ハハハ・・

よかったら!ぜひ!見てやってつかあさい!

あちらでは、なるべく日本で手に入りやすい食材で、いろんな国の面白い料理を作れるように、またいろいろなハーブなどの使い方(って私もまだまだ勉強中ですが!)を紹介しようかなと思っています。

こちらでは相変わらず、とにかくカッとなって作ったものについてガンガン書いていきます。

よろしくどうぞ〜〜!!

【プロジェクト・エルサレム】25品目:ネギとクミンの入ったズッキーニバーガー

大変ご無沙汰な、プロジェクト・エルサレム

イギリスでデリカフェ「オトレンギ」を展開しているヨータム・オトレンギさんとサミ・タミーミさんという、イスラエル出身のユダヤパレスチナ系の2人が出版したレシピ本「エルサレム」を全部作ってまえ、という試みです。

www.maricafejp.com

25品目は、ネギとクミンが入ったズッキーニ・バーガーです。

七面鳥のひき肉に、ミント、クミン、そしてすりおろしたズッキーニをあわせて焼いてあります。うーむ、ちょっとあわてて写真とったのでボンヤリ・・

かかっているのは、サワークリームとスマックをあわせたソース。

そういえば七面鳥といえばアメリカの感謝祭・・、ベイエリアでも、ちょっと山のほうにいくと、住宅街の中でも野性の七面鳥がうろうろしてたりします。

ほんとに、七面鳥の家族が道路を渡ったりするので、運転していて油断がならない!!w

一方イスラエルって、そんなに七面鳥を食べるのだろうか?とふと疑問に思って調べたところ、なんとイスラエル七面鳥の消費量はアメリカ人の2倍。

・・というか、ここらへんの情報だと世界一みたいです。へー!

多くは輸出されたりもしているようですが、やはり限られた土地で育てるのが牛とかより楽、そしてパストラミなど、七面鳥で作った加工食品もイスラエル発なんだとか。

へーへーへー!

こちらでもターキーのハムやひき肉は色々売っていて、鶏団子の代わりに使ったりすることもあります。ちょっと中東風のつくね、って感じかな。

にほんブログ村 料理ブログへ

 

夏の冷たい麺シリーズ2:例のパスタで中華麺、やってみた

夏真っ盛りですね。

ギリシャはものすごく暑かったです。湿気もあったし蚊もいたし、セミも鳴いていて、カリフォルニアと日本とどっちと近いかと聞かれると、完全に日本よりのお天気でした。

ちなみにギリシャのセミは、ジジジジジジ・・と細かく16ビートで鳴きますw

そんなところからベイエリアに帰ってきたら、エアコンいらない、汗かかない、夜寒い、セミもいないから外静寂。

湿気に押し潰されそうになっていた体がフッと楽になりました。

ここのところ、ちょっとむおっとするような日もあるベイエリアですが、基本過ごしやすいので、アイスクリームさえそんなに食べたいと思わないような日々、夏らしい冷たいレシピもあんまり作る気が起きません。夕食が鍋だった日さえ、ありました・・・

しかしちょっと前にやって見た、夏らしいレシピ、冷やし中華

冷蔵庫の中にはハムもきゅうりもあるのに・・・あ、ない麺が!!!

これはチャンスとばかりに、ネットによく出回っている「パスタにベーキングソーダ入れて茹でると中華麺になる」ハック、やってみました。

最初にこの情報を見たのはもう何年前だろう。とうとう、我が家でもやってみる機会がやってきた・・・ワクワク!!

@nifty:デイリーポータルZ:重曹でスパゲティがラーメンになる

ネットでは1リットルの鍋にベーキングソーダ(重曹)を大さじ1、とありましたが、気がついたら家にあんまりベーキングソーダが残っていなかった!

多分大さじ3分の1ぐらいのベーキングソーダを入れた鍋に、パスタ(一応細めのエンジェルヘアーを使ってみた)を入れて茹でてみたら、それでも十分、本当にあのラーメンの独特の匂いがしてきた・・・!

なんですか、中華麺というかラーメンって、ベーキングソーダの匂いがついてるパスタなのか?!(実際は色々化学反応が起きて云々らしいです)

結果こういうものができました。

そういえば、一品普通のパスタで冷やし中華を作って食べ比べするのを忘れた。

でもベーキングパウダーによってもたらされた、あの鹹水の匂いが、明らかにパスタとはちょっと違う風味を醸し出していました。ほうほう、面白い!

さてこのハックですが、経済的理由でやるならば、実は中華スーパーで売っている生の中華麺の方が、断然安い(それにちゃんと縮れてる)。

デイリーポータルの記事ではニューヨーク在住の人から教わったと書いてありましたが、ニューヨークこそ中華マーケットがいっぱいあるのになぁ、などとひねくれ心で考えてしまいましたが、夜中に急にラーメン食べたい!でも家に麺が無い!でもパスタはある!と緊急を要する時には、良いのかもしれませぬ。

にほんブログ村 料理ブログへ

 

ご無沙汰しておりました。

2週間半ぐらいぶりの更新でございます。

ちょっとかの国へ高飛びしておりました。

彼の国・・・とはどの国?

こういうものを食べる国。

こういうもんを飲んだり・・

海がキレイ、まじキレイ、波打ち際まで魚がいるようなところでいっぱい泳ぎました

そう、おギリシャ

かなり長い間滞在したのですが、ロンドンやアメリカとはもちろん違い、ほぼ毎日ギリシャ料理だったためか、加齢のためか、生まれて初めて旅先で「コメが食べたい醤油が飲みたい味噌汁が飲みたい」とちょっと思ってしまいましたw

で、帰国してから早速米炊いて梅干しと鰹節のせてかきこみ、豆腐の味噌汁を・・・ああ典型的日本人?!

ホッとすると思ったのですが、実は翌日のランチでベトナム料理屋に行って食べたフォーを食べた時のほうが、「あああああうまい!」と感動が異様に大きかったです。なぜだ・・・!グルタミン酸ナトリウム勝ち?!

旅の後半、ちょっと食べ疲れてしまったギリシャ料理も、実際はアメリカでは食べられない美味しさだったし、今度はこちらに帰ってきてしまうと、逆にまたギリシャのアレが食べたいこれが食べたい・・と思ってしまうのは、人はなんとも無いものねだりなものか・・・。

現地でもお料理教室に行ってみたりしたので、こちらのブログでもまたギリシャでの美味しいものを色々再現できたらご紹介する予定です。

旅日記は、本家ブログにアップ予定。もしこっちも良かったら読んでくれぞなもし!

marichan.hatenablog.com

夏の冷たい麺シリーズ1:プロの味はさすがに違う、冷たいトマトのパスタ

いやー気がつけばもう7月!

アメリカの小学校ではあっという間に夏休み3週目が終わってしまいました。夏休みの宿題がないアメリカ、子供は毎日サマーキャンプに通って、普段ではなかなか出来ない面白い体験を色々しております。

自分の子供時代のことを考えると、いいな〜と思う一方、なかなか子供だけでプールに行ったり友達の家に勝手に遊びに行ったり・・ということはなかなか出来ない環境(親がだいたい車で送り迎え)でもあるので、そういう経験もできればいいのになぁ、と思ったり。

ああ、日本とアメリカのいいとこ取りしたような環境が欲しい!!


・・・さて、思い切り暑くなった6月。でもここ数日は、霧が出て冷たい風が吹いて、7月だというのに今度は思い切り寒くなってしまいました。

そう、ヤシの木で太陽がさんさんで・・というイメージがカリフォルニアにはあると思いますが、


・・・それはハワイです。


サンディエゴやLAなどもっと南に行けばもうちょっとそれっぽくなるとは思いますが・・ベイエリア、場所にもよりますがまずサンフランシスコは夏死ぬほど寒くなります。霧と風がびょーびょー。吹く風も冷たい冷たい海風なので悲惨です。

それを知らないで半袖短パンで来てしまった観光客があわてて「I ♥ San Francisco」とか書いてあるフリースを買って着ているのもお約束w

でもせっかく夏だし、何となく夏っぽいものを作りたくなります。夏休みでもサマーキャンプは弁当持参なので、子供のお弁当も毎日作らないといけないし。



・・・今回はそんな時に見つけた、プロのレシピを試してみました。

はてなにも世の中にもいろんな料理ブログがありますが、やっぱり気になるのはプロの方のブログ。主婦の簡単・やりくり情報も良いですが、プロの方の家庭料理とは違うテクニックとか、厨房の裏話とか裏技とか・・やっぱり仕事として毎日料理をしている人のブログはものすごーく興味あります。

そして、ブクマしている記事は時間かかってもちゃんと本気でレシピためしてますふふふふ。

シェフのガッキーさんのブログもそんな中で読ませていただいているひとつですが、ここで紹介されていた冷製トマトパスタ。

www.gakkyludique.com

ちょうど家にトマトもタマネギもバジルもあった!なかったのはカペリーニのパスタだけw

代わりにあったペンネで作ってみました。

最初レシピを見た時に、材料にケチャップが入っていたので「えー」ってちょっと思ったのです。

結構日本のクックパッド系のレシピ、味付けにケチャップとかウスターソースを多用していたりして、うーむ、こういうのが日本の家庭で美味しいと受け入れられる味なのかな・・・と思うことも多く、このレシピもそんな感じなのかと思いきや。

絶妙な量で入れるケチャップ、パスタと和えるとケチャップの面影が消え、結構いい感じの隠し味に!

子供ががっついたのは言うまでもなく、旦那も「あれ、これなんか美味しい・・・」と違いに気づいた模様、家族に大好評でした。

いやーやっぱりプロの味は違う!!

その後、エンジェルヘアーパスタでも作ってみましたが、ショートパスタでやった方が好きでした。多分水切りがショートパスタの方がしっかり出来る感じがするのと、どうしても麺系のパスタになると、具が麺に絡みづらくて、子供が具を大量に残す・・というすごく個人的な理由からなのですがw

これ、ケチャップじゃなくてトマトペーストとお酢とかでも良いのかな・・?など色々考え中。いやケチャップならではのいろんなスパイスやら甘みやらも加えた方がいいのかな?そう考えるとケチャップって、ひと瓶に色んなものがたくさん詰まった奥深い調味料(そしてケチャップの歴史もなかなか面白い・・)ですねえ。

我が家の定番としてこれからも活用+変化していきそうな予感です。

と今回はちょっと作れぽ風のエントリーでした。リピしまくってます!

ミシュラン一つ星レストランのお魚料理。

夏休みの1ヶ月をロンドンで過ごした去年。比較的長めの滞在だったので、子供はサマースクールに行ったり、駆け足の観光以上の面白い経験をすることができました。

その中でも自分の中でのハイライトは何と言っても、「ど素人の私が、ミシュラン一つ星のフレンチレストランの厨房に潜入し、働かせてもらったこと!!」につきます。

なんですか道場破りですか?!いやいや、どうしてどうしてw詳しくは、本家のブログに4回に分けて書きましたので、ぜひご覧ください❤️





本当はもっとうわーっと色々なことを感じたり思ったりしたのですが、なかなかどうして、全部を吐き出すのはもったいないような、書ききれないような。そして自分の中で「働く」ということへの感覚が少し変わったような、貴重で素敵で、そしてヘロヘロに疲れた体験(笑)でした。

レストランではサービスが始まる前の仕込み、そしてお客さんが入ってきてからは前菜とペイストリーセクションでほぼプレーティングをやったので、実際に火を使っての調理というのはしませんでした。そりゃそうだ、魚や肉の火入れが一番難しいのに、そこをポッと入ってきた素人にやらせたら大変w

でもメインの厨房で、美味しいお魚の焼き方を教えてもらい、それを「まかない」として食べさせてもらいました。これ、ちょっと見切れておりますが、Sea Bream(鯛?)をカリッと焼いたものが、フレゴラと柑橘類のサラダの上に乗っかっております。

フレゴラと柑橘類のサラダ

フレゴラはパスタの一種。丸くて小さくて、つぶつぶのパスタ。ちょっと風味を出すためにトーストしてあります。このめずらしいパスタは、サルディニアのものらしい(初めてイタリアを訪れた時に行ったのもサルディニアでした、ここでも激しく美味しい思いをしたので、またいずれそのことも書きたいと思います・・)

このパスタがない時は、orzoなど(orzじゃないよ!w)、別のツブツブ系のパスタを代用しても良いかも。どうしても何も手に入らない場合は、ちっちゃいマカロニとか、アルファベットパスタとかも?!

バリラ リゾーニ 500g

バリラ リゾーニ 500g

私はアメリカで手に入りやすい、イスラエルクスクスを使ってみました。

材料

  • フレゴラ(またはイスラエルクスクスなど粒々系のパスタ)250グラム
  • グレープフルーツ半個
  • オレンジ、またはお好きな柑橘類半個
  • 赤タマネギ 半分、薄切りにして水にさらす
  • ミニトマト10個(半分に切る)
  • 茹でたジャガイモ(さいの目)4分の1個分
  • ミント、バジルの葉 半カップずつ、刻む
  • オリーブオイル
  • 塩胡椒

作り方

  1. パスタはたっぷりのお湯に塩を入れて茹でておく。
  2. ジャガイモを茹でて小さなさいの目状に切る。ミニトマトは半分に切る。
  3. 赤タマネギは薄切りにして、ちょっと水にさらしておく。
  4. オレンジは無農薬のものが手に入ったら、皮をすりおろしてオリーブオイル1/4 カップと混ぜておく。柑橘類は皮を剥き、食べやすい大きさに刻む。
  5. パスタが茹で上がったら、刻んだミント、バジル、水気を切った赤タマネギ、柑橘類、トマト、ジャガイモを混ぜる。最後にオリーブオイルをかけてさらに混ぜる。
  6. 塩胡椒で味を整える。

このサラダをお皿にしき、鯛が手に入らなかったので、冷凍のヒラメさんに粉をはたいてムニエルっぽくして焼いたものを載せました。

お店で教えてもらったお魚の焼き方は、皮を下にして、ずっとひっくり返さず、片面だけフライパンでじわじわ焼いていく方法。

切り身の表面に火が通ってきて「輪」ができてきたら、そこで引き上げると、焼きすぎずパサパサにならずいい感じにできます。

ただヒラメさんが薄すぎて、冷凍だったので形も悪く、教わったテクニックが使えなかった〜〜。もう少し肉厚の切り身で要練習です。

お店では、ちょっとシトラス系のソースも載っていますが、今回は無しで。

盛り付けも、全部出来てから思いつきでやったのでこんな感じに。シェフのみなさんは、スケッチブックに盛り付けのアイデアも描いていったり、ちゃんと全部考えてから作業してるんだった・・・。やっぱり素人主婦とは、違う世界ですわ〜!

・・って、これ、魚料理のレシピというより単に付け合せのサラダの話やないかーい!

しかも、フレンチレストランに行ったのに、ちょっとイタリアンぽくないかーい!

でも柑橘類の爽やかさが、お魚によく合いました。このサラダとお魚の組み合わせ、レモンかけて美味しいお魚だったら何でもあうんじゃないでしょうか。

にほんブログ村 料理ブログへ