マリカフェ

世界の色んな料理や面白いレシピを見ると、ついカッとなって作ってしまう、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされている料理ブログ

おうちでヌン茶

f:id:Marichan:20210118214223p:plain

ロックダウンの暇にまかせて、週末おうちで「ヌン茶」してみました。

ヌン茶・・・ブルースリーが振り回しているやつじゃなくて、なんでもエゲレス在住日本人の一部では、アフタヌーンティーがこう呼ばれている、らしい・・(笑)

作ったのはスコーン、サンドイッチ、それからパンナコッタ。

吉本新喜劇のギャグ「なんてこったパンナコッタ」にちなんで、パンナコッタを作って食べてみたい、という子供の希望から始まったんですが、実は甘いものそんなに好きじゃない我が家。

生クリーム、牛乳、砂糖、ゼラチンで簡単に作れるパンナコッタ、美味しかったけどそちらは二口ぐらい食べて御馳走様、になってしまいました(苦笑)

スコーンはこちらのレシピを参考に、ヨーグルトが無かったのでパンナコッタ作る時に買った生クリームで代用。ベーキングパウダーも入れたんですが、レシピの写真ほど膨らまず。すごいサクサクしたスコーンができました。

theokuratokyo.jp

f:id:Marichan:20210126014925p:plain

スコーンは、クロテッドクリームを先に乗せ、その後ジャムを乗せるのがデボン式、その逆がコーンウォール式だそうで、どっちが良いかはよく話の種になっておりますが、我が家は断然デボン式です。クリームのほうが固いのでそのほうが乗せやすい、ってだけの理由ですが。

サンドイッチは卵、きゅうり、スモークサーモン、そしてコロネーションチキン。

このコロネーションチキンはイギリスに来てからその存在を知るようになったのですが、ローストしたチキンを細かくしたもの、カレー粉とマヨネーズ、レーズンなどが基本になったチキンサラダみたいなもんです。

今回は、こちらのレシピを使いました。特に味の決め手になるのは、マンゴーチャツネ。

www.bbcgoodfood.com

名前の通り、エリザベス女王の戴冠式(コロネーション)を記念して作られたのがキッカケで広がったものだそうで、スーパーやカフェなどで売っている出来合いのサンドイッチにも、コロネーションチキンが具になっているのを買うことができます。

お菓子だったりちょっとした料理だったり、ヨーロッパではロイヤルファミリーの即位や結婚など慶事にちなんで作られたものも色々ありますね。また何か見つけたら作ってみよう。

おせちのレシピあれこれ

2021年あけましておめでとうございました!

今年は在宅で迎えたお正月、そしてまたまたロックダウンなロンドン。家にいると食べることが結構な楽しみになるので、家族の会話はつい晩御飯のメニューや冷蔵庫の中身について、になってしまっています。今年はおせちも、ロンドンで手に入るもの、出来る範囲ではありますが、ほぼ生まれて初めて色々自作しました。

色々美味しくできたので、レシピの覚え書き。

f:id:Marichan:20210108195206p:plain

田作りは、実家から送ってもらったイワシがあって助かりました。白ごはんドットコムのこのレシピに、適当にクルミも混ぜて。日本酒は無かったので、シェリー酒を使っています(これは中華料理屋をやっていた義理実家からの知恵)。

www.sirogohan.com

なますも白ごはんレシピ。紅白のバランスの割合、おススメ通りにやったらいい感じになりました。昆布は、子供の時なます用にハサミで切るのが私の仕事だったので、レシピには無かったですが子供にやってもらい投入。ゆずは、なんと一昨年かなり高額出して買った柚子の皮をずっと冷凍していたものを使いました。

www.sirogohan.com

きんとんは、子供作。イギリスでは栗のペーストが比較的手に入りやすいんですが、買い物に間に合わず。代わりに、さつまいもとリンゴを合わせるレシピで作りましたが、これはこれでさっぱり甘くて美味しかった!こちらでスイートポテトというと、オレンジ色のちょっと違う種類のものが売っているのですが、スーパーではなく地元のちょっと変わった野菜も置いている八百屋さんに行ったら、日本のさつまいもっぽいものがあった!

oceans-nadia.com

f:id:Marichan:20210108200019p:plain

かまぼこは、タイ系の食料品店でなぜか売っていた紀文のもの。最近のかまぼこは板についてないんですねぇ。冷凍だったからか、なんかぼそぼそしててこれは無くても良かった・・なんて思ってしまいました。

大ヒットだったのはこのローストビーフ。低温のオーブンで焼き、つけ汁に合わせて一晩寝かせ、翌日表面を焼く方法ですがすごく美味しかった!これはSous-videの変形版?これは普段のおかずでもまた作ろうと思っています。

www.fujitv-view.jp

こんにゃくは適当に出汁と醤油で煮つけました。

そしてこれまた初挑戦の伊達巻。冷凍してとってあったはんぺんを、1枚夫に料理に使われてしまうというハプニングwがあったものの、2枚とってあって良かった・・・。手でぐちゃぐちゃとはんぺんを潰し、卵や砂糖などを入れ、玉子焼き器で焼くこのレシピ。熱いうちに巻けば意外と簡単にふわっとした伊達巻が出来て、これまた大満足。

delishkitchen.tv

そして大盛り作った煎り鳥は、普段の適当な煮物ではなく、今は懐かしいビストロスマップのレシピ本にあった、「松田聖子の実家のがめ煮」レシピを参考にしてみました(爆)みりんや砂糖など、結構糖分をガバガバ入れるのがちょっと・・でも出来上がると、あんまり甘くないんですよね。これは他のおせち料理にも言えることなんですが、とにかく砂糖を多用するので、かなり調節しました。

ことしもよろしくお願いします。

ロンドンで、寿司

・・・を食べると高くつく。概して外食の高いロンドンですが、ちょっとした日本料理店に家族3人で行こうものなら、あっという間に1万円近くなってしまいます。

最近はスーパーやテイクアウトの寿司屋さんも増えましたけれど、だいたいがマグロとサーモン、あってエビ・・というのがお約束。冷蔵されて固くなったシャリにも哀しみを感じます

f:id:Marichan:20190620123107j:plain

こちらは、まだ通勤していた頃、職場の近くにあるWasabiというお店でよく買っていた、美味しい・新鮮な・寿司(職場には2月以降行ってません・・・もうずっと在宅勤務w)。

いやいや、お寿司が食べられるだけでも十分嬉しいんですけどね。でも、まあ、たまにはもそっと他の魚も食べたいなあ・・


というわけで、コロナでどこにも行けず、誰にも会えず、家族で食べることばかりが楽しみになってしまった昨今、夫や子供の散髪(笑)と合わせて私が手に入れた新たなスキル・・・


寿司だって家で握ればいいんじゃん!


f:id:Marichan:20201027071520j:plain


どーん!

今まで地元のスーパーでも手に入る、スモークサーモン、ツナ缶、アボカド、カニカマなんかを使って子供だましの手巻き寿司なんかはたまにやっていたのですが、握りを家でやるのは考え付かなかった。

コロナになって便利になったのは、今までに無かった(または知らなかった)色んな食材の宅配サービスを活用できるようになったこと。

今までレストランに食材を卸していたような業者さんが、ロックダウンでレストランが閉まったのを契機に、一般の人にも宅配してくれるようになったケースも多くて、野菜やお肉、魚など、今まで地元のスーパーの少ない品ぞろえで何とかやりくりしていたのが信じられないくらい、質の良い、バラエティに富んだ食材が手に入るようになりました。

お魚も、真空パックになった質の良いお刺身などが買えるこちらをお友達が教えてくれて、世界が大きく変わった!!!!!!

soldeli.co.uk

ロンドンだけでなく、イギリスだったらどこにでも送ってくれるみたい。ヨーロッパ在住の日本人の間では、オランダにある北海水産も有名ですけれど、ここのお店はイギリスにあるし、今のところオーダーした翌日にすぐ届く(しかも結構朝早くに!)のがスバラシイ。

お刺身は、イカなど一部を除いてはサクで来るので、お寿司用に自分で切る必要があります。実は我が家普段からあまり魚を食べないのもあり、あーんまり魚の扱い方を知らなかったので・・・

とりあえず魚の切り方、お寿司の握り方、全部YouTubeで見てからやりましたw

www.youtube.com
生徒さんのガヤがちょっと気になる動画w でも魚の筋とか方向とか知らなかったことを結構丁寧に教えてくれているので、目から鱗であった。

www.youtube.com
この動画は凄い。一流の職人さんが手際を見せてくれています。同時に、長年培ってきた技術は、本当に身に染みているのだろうなあ、そして職人さんって親方の技術を見て覚える部分も多かっただろうから、その技術を言語化して教えるのはあまり得意じゃないんだろうな、と思わせるところも、微笑ましいといったら語弊がありますが、職人の世界を垣間見たというか。私も動きを見てなんとなく見様見真似で親方から盗んでみましたw

f:id:Marichan:20200620182730j:plain

20分ぐらいYouTubeみてやった結果がこれでございますw まあそれなりに形になりました。

いやー、一度家族でお寿司屋さんに行く値段で、3日ぐらいはすしざんまいができるのが分かったので、もうマグロとサーモンばかりのお寿司屋さんに行くことはなくなりそうです。

でも同時に、自分でやってみると本当の寿司職人さんへのリスペクトがさらに高まりました。見様見真似で素人がちょっとやって、まあなんとなくそれっぽいものはできましたが、それもパックになったネタを切っただけのこと。

やっぱり色んなネタを扱っているお店は、握る技術もだけど、それだけ魚に関する色んな知識とか技術が必要・・!旬の魚は何か、そして新鮮な魚の見分け方、さらに魚の構造を理解して、上手に切ることの難しさ。

家にある台所包丁だったのもあるんですが、とにかくキレイにお寿司のネタ用にスーッと削ぎ切りにするのが特に難しかったです。

f:id:Marichan:20200909183107j:plain

余ったネタはヅケにしたり、時にはセルフ海鮮丼。いやー贅沢!ここのところ、今までにないペース(といってもロックダウン以降3回ぐらいですが)でお魚を注文しては、1.5か月に1度のペースですしざんまいを楽しんでいますw

納豆錬金術

大英帝国の首都ロンドン。しかしアジア人といえばまずはインドやパキスタン人を指すこの国では、和の食材の調達はそれほど容易ではない。

家から一番近い日本食材屋まで、電車で40分。距離的にはそれほどではないが、感覚的には練馬から新宿まで食材の買い出しに行く感覚である。食材も安くはない。納豆は40グラムちょっと入ったものが4パックで、2-3ポンドはする。日本だと100円ちょっとのものが、260~400円近くになる計算である。

かくして納豆はたちまち超高級品となり、ロンドンの我が家の食卓にのぼることは、数か月に一度あるかないかとなってしまった。

無ければ無いで、現地のものを食べてやり過ごしている我が家であるが、この数か月のロックダウンの間、楽しみが食べること位になってしまったため、手に入りにくいものが余計手に入らないという状況に、納豆に対する憧憬は増すばかりとなった。

そうこうしているうちに、納豆どころか味噌もとうとう切れてしまった。意を決した夫が、ある日「アジア食材屋」だからもしかしたらあるかもしれない、とネットで見つけた数キロ先にあるタイ食料品屋に自転車を走らせた。そして奇跡的にそこで売られていた納豆を2つ買って帰ってきた。3パックが一つになっているおかめ納豆が、約400円。

数か月ぶりの納豆に歓喜の声を上げる私と娘。アメリカ人の夫も納豆は普通に食べるが、高級希少品であるがゆえに、自分は遠慮して、納豆への執着が強い私達にばかり食べさせてくれる。

これではとても足りぬ、しかし腹いっぱい納豆を食べようものなら我が家は破産する。家族全員が思う存分納豆を食べる手立てはないものか。

f:id:Marichan:20200531031056j:plain

そこで貴重な納豆の1パックをとっておき、乾燥大豆をオンラインで2キロ注文して、納豆を自宅で増やすことにした。うまくいけば、豆さえあれば無限に納豆が食べられる、納豆錬金術である。

作り方はネットで色々あがっている。大豆を一晩水につけ、豆を蒸すなり煮るなりして柔らかくする。煮沸消毒しておいたタッパなりの容器に豆を入れ、そこに既製品の納豆を混ぜ込む。納豆数粒を水につけ、粘りが付いた水を混ぜ込む方法もある。

後はクーラーボックスに、電子レンジで温めるタイプの保温パッドと一緒にまる1日放置する。ちょうど気温の高い日が続いたので、家の中でも一番西日があたるベッドルームに置いておいた。

ボックスの中はかなり温かく、菌が育つには最高の環境が出来上がっていた。食べ物が腐るにも最高の環境であるが、納豆菌が面白いように増殖して、早速納豆の匂いがする。

蒸気で蓋に水滴がつくので、蓋の下にはペーパータオルをかませておいて、何度か取り換えた。保温パッドも何度か温めなおして入れた。

f:id:Marichan:20200531031212j:plain

そして翌日出来たのがこれである。気になって何度も蓋を開けて匂いを嗅いでしまったが、そういえば納豆の正解の匂いが何なのか、よくわからない。雑菌が入っていれば雑巾のような臭いがしたりするらしいが、そういうわけでもない。

これを、2日間冷蔵庫で熟成させる。冷蔵庫に入れることで発酵が止まり(発酵しすぎるとアンモニア臭が出るらしい)、味がなじむらしい。恐る恐る混ぜてみると、かなり強力に糸を引く。意を決して食べてみると、それは紛れもない納豆の味だった!

かくして、納豆貧民だった我が家は、三晩で納豆富豪となった。一度に仕込んだ量は500グラム。おかめ納豆なら、10パック分。そう考えると大した量に思えないが、あと1キロ半の豆が残っているので、ちょっと仕込めばあと30パック分の納豆ができる計算になる。

泉のように湧き出る納豆。大量にあると今度はそれに安心して、食べなくなってしまうという恐れもあるが、今我が家の冷凍庫には小分けにされた納豆が大量に眠っている。そして既にかなりのペースで消費が進んでいる。

先程も夫は、今まで食べられなかった分を取り戻すかのように、3パック分位の納豆をボウルに入れ、辛子を混ぜてそのまま食べていた。そしてすごいレシピを考えた!パスタに納豆と生卵をトッピングするなんてのはどうだ!イタリア人もビックリだ!とまるで自分が世紀の発明をしたかのように興奮していた。今まで希少品だったがために、納豆パスタを食べさせたことが無かったのである。

これからは納豆汁でも納豆巻でもイカ納豆でも、ご飯に乗せる以外の方法でも納豆を食べることができる。納豆バブル、納豆成金、納豆富裕層。しばらくしたら飽きてしまうのかもしれないが、飽きるまで作って食べるぞ。