読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリカフェ

世界の色んな料理や面白いレシピを見ると、ついカッとなって作ってしまう、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされている料理ブログ

【世界の朝ごはん】イギリスの朝ごはんといえば!

平日の朝はバタバタでさすがにゆっくりご飯を食べている時間もありませんが、一番好きなのは週末の朝なんかにゆっくり食べる朝ごはん。

時々世界の朝ごはんシリーズと称して、色々な国の朝ごはんを作ってみています。

その第一弾は、エゲレス

去年、一昨年と夏はロンドンに長期滞在する機会があり、色々面白い経験をすることができました。

ロンドンに滞在して、しみじみ思ったこと。

そしてなにより声を大にして言いたいこと。

 

イギリス飯はまずくない!!!!

 

イギリスのご飯ってマズイんでしょ〜と聞くのは日本といえば寿司ゲイシャでしょ〜とドヤ顔で言うのと同じなんじゃないかと思ってしまう今日このごろ。

そりゃもちろん、観光客向けの店とか変なところに入っちゃえばマズイけど、それはイギリスに限ったことではない気もします。

 

(思えば私のまずいイギリス料理の経験も、学生時代、観光地風のところで食べたしなっとしたフィッシュアンドチップスとか、英語があんまりわからないフランス人に連れられていったデパートの食堂の安いバッフェとかだった・・)

 

旅のご飯やイギリスでの面白い経験については、日記ブログにも書いていますので、良かったら覗いてみてね。実は去年の旅日記がまだ終わっていない・・w

典型的なイギリスの朝食といえば。

卵、ベーコン、ソーセージ、ベイクドビーンズ、そしてトーストが付くのがお決まりのイギリスの朝食。

これは私達が滞在していたアパートの近くにあったカフェでいただきました。

ちなみにそのカフェ、アラブ人経営のイタリアン・カフェで、イギリスの朝食を出していますww

イギリスのベーコンは、アメリカのと比べて赤身が多くてちょっとハムっぽい(日本のにも似てるかな?)

ソーセージは、ものにもよりますが、イギリスのものはつなぎが多いなあという印象でした。

ベイクドビーンズにはアメリカにも類似品があります!アメリカのもののほうがちょっと甘めかもしれません。

こういう伝統的な朝食はFry-upとも呼ばれるようですが、果たして今、日本の朝食が毎回必ずしもご飯に味噌汁塩ジャケとは限らないように、イギリスの家庭でどれくらいこういう朝食が食べられているのかは不明です。誰か教えて!

 

追記

日本語でイギリス料理のサイトをやってらっしゃるチャーリーさんにお伺いをたててみたところ、人によりけりで、こういう朝食を毎日作る家庭もあるそうです。

チャーリーさん自身は週末やお客さんが来た時など時々、でもホテルでは絶対食べるべし、ということなので、やっぱり日本の朝食に似てるかも?!

ちなみにチャーリーさんのサイトはこちら。

oishii-igirisu-ryori.com

イギリスの家庭料理のレシピが満載です。本当、イギリス料理はまずくない。知らずにいると損するよ!

材料

  • ベーコン
  • ソーセージ
  • トマト
  • ベイクドビーンズ(缶)
  • トースト

 お豆は色々なメーカーが缶詰のものを出しているので、それを使ってしまいます。これはハインツの。

 

ハインツ ベイクドビーンズ 415g×2個

ハインツ ベイクドビーンズ 415g×2個

 

 

作り方

・・・というほどのインストラクションは無いのですが、

フライパンかホットプレートなどで、卵、ベーコン、ソーセージ、トマトを一気にじゅーじゅー焼いちゃいます。

トマトは焦げ目がちょっと付くまでしっかり焼くのが吉。

 

ソーセージはお好きなものを。

アメリカだと、朝食用のソーセージ(Breakfast sausage links)といって、小さめで、ちょっと甘じょっぱい、結構濃い目の味のものを売っていますが、日本だったらシャウエッセンとかかな?

サンフランシスコは、チキンとアップルのソーセージを良く売っているので、我が家はそれを使いました。

トーストは全粒粉のものを。

こちらのパンは日本のふわふわのと比べると質実剛健な感じです。

ふわふわパンはバターやクリームなんかが入ってるからだけど、こちらではアンデルセンベーカリーとか、中華系、韓国系などアジア系のベーカリーのみで手に入ります。

さて、これだけがっつり食べたら、その日は肉体労働に勤しむしかないネ!

 

にほんブログ村 料理ブログへ