マリカフェ

世界の色んな料理や面白いレシピを見ると、ついカッとなって作ってしまう、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされている料理ブログ

日本の食材だけで作れる、偽中東サラダ

f:id:Marichan:20170226155842p:plain色んな国の料理を作っていると、なんだか家の中に色んな種類のスパイスが溜まり始めます。

そんな中で、そんなにしょっちゅう使うわけではないけれど、なんだか親近感があるスパイスのひとつが「スマック」です。

スマックってなんやねん!

Wikipediaで見てみると、なんだか小さな木に密集する赤い実を粉にしたもん・・らしいんですが、多分日本にはない植物。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/aa/SumacFruit.JPG/470px-SumacFruit.JPG

写真はWikipediaより

中東料理ではこの粉をサラダにかけたり、ケバブにかけて焼いたり、色々します。

これまたWikipediaによると、地域によって使い方がちょっとづつ違うらしく、

フムスなどのディップの上にかけるのはアラブ料理。

サラダにかけるのは、レバント地方(ギリシャ、シリア、イスラエルイラク、ヨルダン、レバノンパレスチナ、トルコの一部・・と幅広い東地中海地域)。

ご飯やケバブの上にかけるのは、クルド、イラン料理。

ケバブの付け合せサラダにかけるのはヨルダン、トルコ料理

なんだそうです。北米でも飲料に使うことがあるらしかったり、染料としても使われたりするらしい。へーへーへー!

スマックの代用、これで出来ます!

味は、レモンのような、ちょっと酸っぱめの味。そして色は、赤紫。

イラン料理屋さんに行った時に、実際これが、ご飯の上にふりかけられて出てきました。

ご飯は日本のと違って長粒種なんですが・・・

あれ、これって、なんかちょっと・・・

三島 ゆかり 200g

三島 ゆかり 200g

 

 ・・・ゆかりじゃん!!

というわけで、「スマックがなければゆかりを使えばいいいじゃない。

ちょっと違うけどちょっと似ているスマックとゆかり。ゆかりのほうが、ちょっと酸っぱさが強いかも(写真右はアメリカでよく手に入るゆかりのふりかけ。カリフォルニアだったら普通のスーパーでも手に入ります)。

これをケバブにかけたりサラダに使ったらどうなるんだろう!

早速どんな感じか、ゆかりを使って中東風のサラダを作ってみました。

材料

  • トマト
  • キュウリ
  • パセリ(あれば)
  • オリーブオイル
  • レモン
  • ゆかり
  • 食パン1枚
  • 塩コショウ

 作り方

  1. トマト、キュウリをさいの目に切る。
  2. パセリはみじん切り。
  3. オリーブオイル、ゆかり、レモン汁を1:1:0.5ぐらいの割合で混ぜる。
  4. 切った野菜に和える。
  5. 食パンは綿棒で少し薄くのばして、トースターでカリッと焼き、手で砕いてサラダに混ぜる。
  6. 塩コショウで味をととのえる

エルサレムの料理本にも出てきたファトーシュサラダの日本版みたいな感じのができました。

ピタパンの代わりに、余った食パンを入れてみました。

ゆかりは、スマックよりも色が鮮やか、味はちょっと酸っぱさが強い感じもするので、全く同じ味にはなりませんが、これはこれでまたいける。

もう、日本人ならこれでいいんじゃん?

ケバブ+ヨーグルト+ゆかり、の組み合わせも、機会があったらやってみたいと思います。あとは逆にスマックおにぎりを作ってみるか。

 

にほんブログ村 料理ブログへ