マリカフェ

世界の色んな料理や面白いレシピを見ると、ついカッとなって作ってしまう、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされている料理ブログ

ローカーボ、なのか?!ひよこ豆のパンケーキ、ファリナータ

最後に行ったのはだいぶ前になりますが、行くたびに美味しい思いをしたイタリア。

パスタが美味しいのは言うまでもないですが、他にも色々美味しい粉もんがたくさん。

そんな中で、我が家の定番になったのがこちら、「ファリナータ」。

DSC00209

ひよこ豆の粉を使ったパンケーキ、とでも言いましょうか。

リグリア地方、プロバンス地方、その他の地域でも食べられているらしい。私達がいただいたのは、トリノの街角でした。

地方によって呼び名は色々らしい。

材料はひよこ豆の粉、水、オリーブオイル、塩コショウととってもシンプルです。作り方は生地を寝かせるのに時間がちょっとかかりますが、あとは型に流して焼きっぱなし。

材料

  • ひよこ豆ガルバンゾー)の粉 1カップ
  • 塩 小さじ1
  • コショウ 小さじ1
  • オリーブオイル 大さじ2

作り方

  1. ボウルにひよこ豆の粉、ぬるま湯それぞれカップ1、オリーブオイル大さじ2、塩コショウ少々を入れ、ダマがなくなるように混ぜます。
  2. ラップをして、1〜2時間放置。ブクブクと上に泡が出てくるので、できるだけ取る。
  3. オーブンは320度にセット。そこに油をしいたカーストアイロンまたは耐熱の容器を入れて、しっかり熱します。
  4. 熱くなった型をオーブンから取り出し、そこに生地をジュっと流し入れます。
  5. オーブンで15分ほど焼きます。

このレシピはプレーンなものですが、お好みで炒めた玉ねぎやローズマリーを混ぜてみたりしても。

このお料理、発祥はジェノアだ、ニースだ、モノによって情報がまちまちでしたが、まあどちらも国境を挟んで隣町。おフランスの方では、「ソッカ(Socca)」と呼ばれているそうです。おお、ソッカ!

このブログによく登場するオトレンギさんのレシピ本「Plenty」にもこのSocca のレシピが登場します。こちらはちょっとトルティーヤのように丸く焼いて、上に炒めた玉ねぎやミニトマトを乗せるアレンジ。こちらも作ってみました。


さて、このお料理、原材料が豆だし、ローカーボじゃん!と思って喜んでいたら、普通のパンケーキ1枚食べるのと変わらないかそれ以上の炭水化物量が入ってるらしい。えーそうなの!ざ、残念!

ついでに、私の好きなオトレンギさんが、デザートの本を出版、今週ベイエリアで講演ツアーをやっていました。予定が合わずにそれも行けず・・・うおー、重ね重ね、ざ、ざ、残念!!!!!!

Sweet: Desserts from London's Ottolenghi

Sweet: Desserts from London's Ottolenghi

にほんブログ村 料理ブログへ