マリカフェ

世界の色んな料理や面白いレシピを見ると、ついカッとなって作ってしまう、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされている料理ブログ

持ち寄りに:トマトとハーブのタルト

f:id:Marichan:20170525015105p:plain

 

もうあと数週間もすると、子供の学校も終わり、夏休みに突入です。早いな〜!!

毎年休みが始まるスケジュールが違うのですが、今年はもう6月の2週目から休みですってよ!

2ヶ月はがっつり休みになるので、ずっと家にいられるとこちらの気が狂いそう。というわけで、あちこちのサマーキャンプに行ってもらうことになりそうです。

普段学校や家で出来ないアクティビティが色々あるので、それはそれで楽しみ。宿題も無いしな!

こちらでは色んなキャンプがあるけれど、そういえば日本では夏におばあちゃん家に行ったり朝ラジオ体操に行ったりプールに行く以外は特に何もしてなかったな・・。

特に共働きの家庭は、夏休みどうしてるんでしょう?!

さて、随分前にPTA主催の先生方への感謝ポットラックランチ用に、ピンクのケーキを焼いて持って行った話を書きましたが、ケーキの他にももう一品作ったことを書くのを忘れておりました。

 

www.maricafejp.com

 夏も近づき、トマトも美味しくなる季節。

特に持ち寄りにはピッタリの、トマトとハーブのタルトです。実際、ここ数年、ポットラックの時に何度も何度も作っている、我が家の定番。なのでだいぶ材料も目分量になってきているかも・・。

材料

作り方

DSC04415

まずはパイシートを天板に合わせてこんな形にし、箱のインストラクションに書いてある温度に合わせて、空焼きします。190度で25分ぐらい。

DSC04417

重りに豆を置いてみても。重りが無いとぷーっと膨らんじゃいますが、それでも後で具を乗せると沈むから、なければないでも大丈夫。

DSC04422

好きなだけパルメザンチーズを載せ、チーズがちょっと溶けるまでさらに焼きます。さらに15分ぐらい。

DSC04425

ミニトマトは、作るタルトの大きさによって量が変わりますがたっぷりと。これは800グラム〜1キロ弱使いました。ボウルにトマトを入れ、塩、胡椒、刻んだアンチョビのフィレ(1キロだったら2缶分ぐらい)、刻んだパセリ、オレガノ、チャイブ(これも適量ですが大さじ2ぐらい)、ナツメグ少々と混ぜたあと、別の天板に広げ、オーブンの上火で、皮が破れるぐらいまで、15分ほど焼きます。

このトマトのミックスを、先程のパイ皮の上に乗せて再度、15分ほど焼いて出来上がり!

冷凍のパイシートを使っているし、材料は混ぜるだけなので簡単ですが、何度かオーブンを使う工程があるので、1時間ちょっとは時間を見ておいたほうが良いです。

トマトとアンチョビの塩味、ハーブの風味がなかなかな一品です。

トマトの美味しい季節には、ミニトマトではなくて普通のトマトをスライスしてやっても美味しい!

参考資料

www.saveur.com

にほんブログ村 料理ブログへ