読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリカフェ

世界の色んな料理や面白いレシピを見ると、ついカッとなって作ってしまう、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされている料理ブログ

【世界の朝ごはん・アメリカ】巷に流行る、アボガドトースト

世界の朝食 カリフォルニア料理

 最近流行りの料理やお店はインスタグラムで知ることが多いかもしれません。

味はわからないけど、ビジュアル的には素敵すぎるお料理に釘付けです。

それもどうよ、と思わなくもないけど、まあそういうのを見たりポストしたり(こんなブログを書いたり)することが、料理のモチベーションになるならば、

まあそれもそれでいいんじゃん?

何より色々家で作ると、ものすごくお金が浮くことは間違いありません。

 

 日本ではまだワンコインランチ、なんていうのがあったりするけれど、ここカリフォルニアでは外食は結構高くつきます。

で、自分で食材を調達して料理していると、外に食べに行っても、手間と原価と値段がつりあっているか、つい考えてしまうように・・・

 

その最たるものが、この「アボガドトースト」かもしれません。

 

スライスしたりマッシュしたアボガドをトーストの上に乗せたもの。

味付けは、レモン汁だったり、ちょっとチリフレークを混ぜたり、下にゴートチーズを薄く塗ったり。

これをお店で頼むと、最低でも6ドル、7ドルぐらいします。

オプションでポーチドエッグなんかつけようものなら、10ドル以上なんてところも。

これで1200円って!どうよ!

 

でも最近アボガドの値段が乱高下している感はあり。

去年カリフォルニアのアボガドが不作だったらしく、一時期は店頭にあるアボガドのサイズがすごーく小さかったり、

メキシコからのアボガドの供給も、ストライキがあったり色々あって不安定だった模様です。

さらにオレンジハゲ隠し野郎が大統領になって、国境に壁を作るだ、関税だと言っているため、アボガドの値段に影響が出るかもしれない、なんて話もあります。

 

トースト1枚に使うアボガドは半分ですが、値段によってはそれだけで原価は1ドル〜2ドル位しちゃう。

でもまあ、あと必要なのはは卵とか薄いパン一枚。

切って乗せるだけなので、絶対店では頼まないけれど、我が家では朝食でよく作るメニューです。

写真にとってインスタにあげれば、さらに満足。

 

にほんブログ村 料理ブログへ