読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリカフェ

世界の色んな料理や面白いレシピを見ると、ついカッとなって作ってしまう、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされている料理ブログ

かなり赤い・ボルシチ

f:id:Marichan:20170228043502p:plain

ロシア料理といえば、ピロシキボルシチ

・・・あとはウォッカとか(違。

ロシア料理に関しては、日本料理といえば寿司とテリヤキ、と同等の知識しか持ち合わせておりませんでした。

あ、ビーフストロガノフもか。

日本にいた時も、本当に時々ですが、ピロシキボルシチストロガノフ、は食卓にあがっていた記憶があります。

衝撃のボルシチ

実家で出てきたボルシチは、「野菜がゴロゴロ入っていたスープ」。

子供の頃の記憶なので確かじゃありませんが、肉も入っていたはずだけれど、とにかく大きめ野菜が入っていたらボルシチ、みたいな認識でした。

しかしアメリカに来て、ボルシチの認識を根底から覆されました。

 

学生時代ニューヨークで観光客に有名なお店「カーネギー・デリ」 でボルシチを頼んでビックリ!

 

具は一個もなし。

 

というか、出てきたのは

 

蛍光ピンクのポタージュスープみたいなもん!!

 

手元に写真がないのが残念ですが、うわっ、何この色!やっぱりアメリカってジャンクな国なのね!と誤解してしまいそうになりました。

でもよく考えると、これも正真正銘「ボルシチ」。

「ビーツ」をポタージュみたいにして、さらにサワークリームが入ってたので、鮮やかな赤+白=蛍光ピンクになっていたのでした。

そういえばボルシチってカブ、というか、ビーツを入れるんだった!

認識が根底から覆されたと書きましたが、なんてことはない、私の最初の認識が間違っていただけだったw

 ビーツで真っ赤なスープ

 カリフォルニアに来てから良く食べるようになった野菜、それは「ビーツ」と「ケール」。

ちょっと健康志向のお店とか、おされなカリフォルニア料理屋に行くと、大抵ビーツやケールのサラダが出てきます。

ビーツはそれこそ着色料として使うこともある位、真っ赤。

食べたことを忘れて、血尿・下血騒ぎを誤って起こすこともしばしば。

土っぽい味がキライという人も結構いますが、結構あったら買ってしまいます。

そしてちょっと寒い季節になると、ビーツを使ったちゃんとしたボルシチを作るようになりました。

我が家では、フードブロガー、ナターシャさんのレシピを参考に作っています。ウクライナ系の彼女のおうちに伝わるレシピで、簡単版とややこしい版があります。

我が家はもちろん、簡単版を使っていますw

 

https://lh3.googleusercontent.com/-LZccqWx83F8QSQurt1j0YWA7cLxXv2WeNkJeq8UIQf-rrqNzk-t1XQpzPdpUCBmKP3qfSV3waOiUH8Txlq8WT07JYOoV32-OFeg1zl_61nOxsp2_NVbsQLEeV0AOhbMxslgA11xmCFizU6tXL6wJCsJpkA2jzngF_3jPfZW0a11hZ_1rj8aRagBNVU9oz2wPO2dgR6dLlF_BSM-Xtx4yBuNrQ9jY8xmsCuYz_e9W-V0OE1k1jJs5KWAmtDYzgeYhUPXidVTQJslelmuzcdnyRc2QYOBfAbuMR_4RDyOoAc3QT0IyK-V1TR3aZsN15dLCPEC4Mcd7FDPXBVDPY4VH54P9asqrp3eBG12aDkRdYiufnfeB-Z7c5BAd7Jawb9_jKYSgUQzi_7myGLhyGBy2ODjMUMHXgCErQdcLg0cQxbYibFgUfgkbTSzC9I99zMCcBHha-WgMSqwjbTDfKdQ4fnm5q475BqryXJ9if9Scy0-ZhfLzCbRRcERC7-L1Vxajxgr3Qllar7gIGoepz2gOk9yAavqiRuAW1OgGukShieIOo-xoHyq8rRRgJnI3QddWCvaS-vlbTo_--fVzA05dxLyH4zhK9mqkb__i8BQMjdm0SuZtmD4Kg=w772-h962-no

地元の美味しいパンやさんのバゲットと一緒に。 

 そういえば「大きなかぶ」ってロシアの童話がありますが、あれももしかして引っこ抜いていたのは白いのじゃなくて、ビーツだったりしてw

材料(5人分)

  • じゃがいも:中2個、さいの目切り
  • キャベツ:1/4、千切り
  • 水:1リットル
  • チキンストック(ブイヨンでも可):700cc
  • ビーツ:大きめのもの1個
  • 玉ねぎ:半分、みじん切り
  • 人参:1本、すりおろし
  • オリーブオイル
  • ケチャップ
  • ベイリーフ:1枚
  • レモン汁:大さじ2
  • 塩、胡椒
  • ディル:大さじ1、みじん切り
  • 白いんげん豆の水煮缶:半分(200グラム)

白いんげんの水煮缶はこんな感じのです 

ビーツ、日本で普通にスーパーで売っているものではないかも。その場合は、水煮缶があると便利です。こういうの。

 

 作り方

  1. 野菜を下ごしらえする。じゃがいも2個はさいの目に、キャベツ1/4は千切り、玉ねぎ半分はみじん切り、人参1本とビーツ1個は目の荒いおろし器ですりおろす(大根おろしみたいにしないように。シュレッダーにかけた紙みたいにビロビロにする感じで)。
  2. スープを沸かす。鍋に水1リットルと、チキンストック700ccを入れ沸騰させる。チキンストックは、ダシだったらなんでも良いので、ブイヨンキューブを同量の水で溶かしてもOK
  3. じゃがいもを投入。柔らかくなるまで。
  4. キャベツを投入。じゃがいもが柔らかくなたらダーッとキャベツを入れる。
  5. 残りの野菜を炒める。じゃがいもを茹でている間に、オリーブオイルをしいたフライパンでビーツ、人参、玉ねぎを柔らかくなるまで炒め、ケチャップ大さじ3を加える。
  6. 炒めた野菜も投入、味付け。炒めた野菜も鍋に入れ、さらに煮る。レモン汁大さじ2、ベイリーフ1枚、塩小さじ半分、胡椒ひとつまみ、刻んだディル大さじ1、豆の水煮缶を煮汁も一緒に投入し、さらに5分ほど煮る。

ビーツの水煮缶を使う場合は、適当に細かく切って、フライパンで炒めずにそのまま他の野菜と一緒に投入。

参考レシピはこちら

natashaskitchen.com

にほんブログ村 料理ブログへ