マリカフェ

世界の色んな料理や面白いレシピを見ると、ついカッとなって作ってしまう、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされている料理ブログ

燃えない!スパゲッティ・アラ・サバティーニ

f:id:Marichan:20170227161307p:plain

大学の同級生がイタリアに出張して、なんだか美味しそうなものを食べている写真やら動画やらをFacebookにポストしまくっていました。うう、妬ましい・・w

その中で目についたのが、お店のおっちゃんが、テーブルの横につけたワゴンでパスタを何やら混ぜて、最後には盛大に燃やしちゃってる動画。

いや、燃やしちゃってるというか、フランベですね・・・。

ブランデーなどアルコールの高いお酒をふりかけて、火をボッとつけるやつ。

 

燃えていた料理名は「スパゲッティ・アラ・サバティーニ」。

 

聞いたこともなかったこのパスタ料理。

ついかっとなって調べてみたら、そのレストランの名前がついた、名物料理らしい。

 

シカゴにあるイタリア専門旅行会社のウェブサイトに、そこのオーナー直伝だというレシピが載っていたので、試しに作ってみました。

 

材料

  • スパゲッティ:230グラム(約1/2 lb)
  • ベーコンまたはパンチェッタ:100グラム
  • 玉ねぎ(みじん切り):50グラム
  • バジルの葉:3枚
  • ミニトマト:200グラム
  • パルメザンチーズ:50グラム
  • 卵黄:2個分
  • オリーブオイル
  • チリペッパー(お好みで)
  • 黒胡椒(お好みで)

作り方

  1. 玉ねぎを炒める。オリーブオイルを敷いたフライパンで、みじん切りにした玉ねぎ50グラムを強火で数分炒める。
  2. ベーコン、バジルを投入する。ベーコン100グラム、バジルの葉3枚をさらに加えて、玉ねぎが茶色くなるまで炒める。
  3. ミニトマトを投入するミニトマトを200グラム加える。チリペッパーを入れたい時は、好きな量をこの時点で入れて、ソースになるまで弱めの中火でことこと煮る。
  4. パスタを茹で、ソースとあえる。パスタをアルデンテに茹で、ソースの入ったフライパンに投入。
  5. 卵、チーズを混ぜる。火をとめ、パルメザンチーズ50グラムと、卵黄2個を混ぜ入れ、パスタにソースが絡むように数分かき混ぜる。
  6. 食べる時にはお好みで黒胡椒を。

 

燃えないやつだった!

どこで火をぼっ!とつけるのかわくわくしながら作ったのに、結局そんな記述はいっこも出てこなかったYo!

テーブルの横でフランベするのは、きっとサービスでしょうね。

友人曰く、デザートも燃やしてたそうです。

調べてみたら、このレストランは、色々な料理をテーブルサイトで燃やすのが目玉らしく、レストランのサイトにフランベするメニューの一覧までありました。

希望すればお客さん自ら着火できるってw

さらになんと、このお店は東京にも支店があるんですねぇ。 結構有名店みたい、知らなかった。

 

そしてこんなのが出来ました。

さて、レストランの名前がついた料理のお味は・・・

 

あれだ、カルボナーラにトマト入ったバージョンだ!

 

シチューでもグラタンでも、クリーム系のものを好まない子供にはちょっと味が濃い、と不評でしたが、大人には好評!

 

暮らしの手帖風に言うと、

カルボナーラ好きには、目先がかわって、たまらないおいしさです

 

 レシピの参考資料はこちら

 

にほんブログ村 料理ブログへ