読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリカフェ

世界の色んな料理や面白いレシピを見ると、ついカッとなって作ってしまう、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされている料理ブログ

【プロジェクト・エルサレム】10品目:想像がつかない、ウィートベリー、スイスチャードと柘榴モラセス

料理本「エルサレム」全品制覇を目指すプロジェクト、もう10品目! Jerusalem 作者: Yotam Ottolenghi,Sami Tamimi 出版社/メーカー: Ebury Press 発売日: 2012/09/06 メディア: ハードカバー この商品を含むブログを見る 今回のレシピは、名前だけ聞いてい…

瓜なのに麺。スパゲッティ・スクワッシュ

アメリカにはなんだかもう色々謎なかぼちゃや瓜が沢山売っています。 「今回ご紹介するのは、こちら」(お昼のテレビショッピングの声でどうぞ) 「なんだかメロンに見えるこちらの野菜、なんと瓜なんですね〜。 その名も、「スパゲッティスクワッシュ」!」…

【プロジェクト・エルサレム】9品目:レモン風味のリーキ・ミートボール

料理本「エルサレム」の料理を全部作るぞプロジェクト。第9弾目。どんどん行きますよ。初めての方は、こちらもどうぞ。 www.maricafejp.com 料理本を買うときって、やはりそのビジュアルに惹かれて買うことが多いですよね。 その点日本の料理本はキレイな写…

ついかっとなってケーキを激しくデコってみた

甘いものを食べない一家のくせに、甘いものは作りたくて仕方ない。 やはりその理由は、スイーツのビジュアルにあり。 特に最近はインスタグラムなんかで、もうそりゃ素敵で可愛いケーキやらクッキーやらの写真が、見てるだけで血糖値があがるほど出てきます…

ビーフストロガノフ風、の何か

雨が降って寒い日の夕食、何か暖かいものを。カレー、ビーフシチュー、ポトフ・・・。 カレーはこの間作ったばかりだし、シチューもポトフも何時間も煮込むのが面倒くさい(日によってはカッとなってやるけれど)。そうだ、ストロガノフにしよう。とりあえず…

【世界の朝ごはん・イスラエル】二日酔いの朝のシャクシューカ

もう何年も前のことになってしまいましたが、友達の結婚式に呼ばれて行ったイスラエル。危ないだなんだと色々言われていた割には、ずいぶん楽しい思いをして帰ってきました。 訪ねた先は、テルアビブ、エルサレム、そしてちょっと足をのばして死海に行ったり…

カリフォルニアで、宮崎の、冷や汁。

ここ数年、干ばつ続きだったカリフォルニア。 このあたりは通常冬が雨季で、地域のダムを潤します。 しかしここ3年ほど、冬になっても雨がほとんど降らず、ダムも湖も干上がる状態が続いていました。去年9月に行った時のレイク・タホ。 湖の底も干上がってむ…

【ローカーボ】カリフラワーで作るピザ生地

もう4年前の話になりますが、ひどい蕁麻疹が治らずに数ヶ月悩んだことがあります。 不思議なことに、夜になると手足体にぶわーっと蚊に刺されたような腫れが出て来る。でも痒くない。土踏まずが腫れる時は死ぬほど痒くなる。 ただし朝になると不思議なほど…

【プロジェクト・エルサレム】8品目:セモリナ・ココナッツ・マーマレードのケーキ

「エルサレム」料理本のレシピを全部作るという無謀な?プロジェクト8回目は、この本から初めてのデザート。 このケーキの材料は名前の通り、セモリナ粉(パスタによく使われる小麦粉)、ドライココナッツ、マーマレードが入ります。そしてアーモンドミール…

カレールーと残り物で作る適当ドライカレー、とそれにまつわる食べ物の恨み

人の家のカレーは美味い。同じカレールーを使っていても、なんだか味が違う気がする。ヨーグルトを入れるとか、チョコレートを入れるとか、変な粉を仕上げにふりかけてみるとか、色々工夫した結果なのかもしれませんが、何かが違う。実は長年私が作るカレー…

【世界の朝ごはん・アメリカ】巷に流行る、アボガドトースト

最近流行りの料理やお店はインスタグラムで知ることが多いかもしれません。 味はわからないけど、ビジュアル的には素敵すぎるお料理に釘付けです。 それもどうよ、と思わなくもないけど、まあそういうのを見たりポストしたり(こんなブログを書いたり)する…

アメリカ人の食べ合わせ

アメリカ人の好きなもの、それはピーナッツバター。ピーナッツバターとジャムを塗っただけのサンドイッチ(ピーナッツバター&ジェリーを略してPBJ)は子供のお弁当には欠かせないアイテムです。ただ、子供のクラスにはピーナッツのアレルギーの子がいるため…

【プロジェクト・エルサレム】7品目:バターナッツかぼちゃとタヒニのスプレッド

順調に進んでおります、料理本「エルサレム」を全品作る楽しい楽しいプロジェクト。 料理本はこちらです。 Jerusalem 作者: Yotam Ottolenghi,Sami Tamimi 出版社/メーカー: Ebury Press 発売日: 2012/09/06 メディア: ハードカバー この商品を含むブログを…

3.14、パイの日

アメリカからブログを書くと時差があるので、前日のことをネタにしても、日本ではすでに一昨日の出来事・・・。3月14日は「ナショナル・パイ・デー(National Pi Day)」でした。パイ・・・パイ・・3.14・・・π・・・ そう円周率!!πにちなんで、3月14日に…

【世界の朝ごはん・おフランス】サラセンのガレット

アメリカのスーパーでは、よく「バルクセクション」と言って色々な粉、穀類、ナッツ、豆やスパイスを量り売りで売っています。 これだとちょっとしか使わない変な粉(?!)も必要な量だけ買えて経済的。 そば粉も売っていたので、これでオサレなそば粉のガ…

アボカドで、緑の焼かないパイ

トーストに載せてよし、醤油をかけてよし、グアカモーレにしてよし、スムージーにしてよし、何かと美味しいアボガド。 子供も大好物で、ほっておくと1個でも2個でもぺろっと食べてしまいます。 今回は、そんなアボガドを使ったデザートのご紹介。 「カリフォ…

【プロジェクト・エルサレム】6品目:ローストカリフラワーとヘーゼルナッツのサラダ

料理本「エルサレム」全品作るぞという誰得なプロジェクトの6品目です。 ローストしたカリフラワーと、ヘーゼルナッツのサラダ。 というと普通に聞こえますが、このサラダ、ちょっと甘めです。 カリフラワーとヘーゼルナッツの他に使うのは、セロリ、ザクロ…

平野レミを降臨させてみたら脳みそができた。

カリフラワーがまるまる一個あったので、これをまるごと蒸してどん、と皿に出してみようという気になりました。 そして思い出したのは、ネットで見た平野レミさんのブロッコリー料理。 皿にたててソースかけてたら横にぺしゃって倒れちゃってたやつ。 アメリ…

セントパトリックデーのあいるらんど料理

3月17日は、セントパトリックスデーです。 セントパトリックスデーはもともとはアイルランドのお祭り。 アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの命日・・なんだそうですが、アメリカでは、 とにかく緑色の服を着て、ギネスなどのビールを飲みまくる…

記念日に作る、平凡で普通で一般的なフルーツタルト。

先日、我が家はめでたく創立13周年を迎えました。 えーっと確か13年目。結婚記念日もここまでくると忘れそうになります。 10年目ぐらいまでは、旦那とロマンチックなディナーに行ったりしたものですが、中華系の我が家、11月の感謝祭から始まって、12月のク…

胃の調子がおかしいアラフォーのあなた。それはもしかして・・

料理することも、食べることも、食べ物のことを色々考えるのも大好きなのですが、実はここ数年、消化器系の体調不良に悩まされておりました。 朝起き抜けから、胃が重い。 胃が「痛い」というよりは、胃がいつももわぁーーっとしていて、重苦しい。存在感を…

【文学飯】米原万里さんの「旅行者の朝食」を作ってみた

ロシア語通訳の第一人者、米原万里さんをご存知ですか。 若くして亡くなってしまった米原さんですが、いつも食べ物のことばかり考えている私にとっては、食べ物の事でいつも頭が一杯な人の第一人者、食いしん坊の大先輩でもあります。 彼女の書いたエッセイ…

一汁上等!15分ミネストローネ

☆時短!☆簡単!♪子供も喜ぶ♪ ・・・っていう言葉にモヤっとすることもありますが、実際、忙しかったり、単に料理に時間と手間をかけるのが面倒で仕方ないという日もあります。 ・・ニンゲンダモノ。 子供が家に帰ってきて晩御飯までの時間があまりない日もあ…

【プロジェクト・エルサレム】5品目:アラブの炊き込みご飯、メジャドラ?ムジャダラ!

料理本「エルサレム」に載っているレシピを全部作るぞプロジェクト、第5弾。 きっかけはこちら。 www.maricafejp.com 「エルサレム」料理本では、「メジャドラ」という名前で紹介されていたレシピですが、「ムジャダラ」と呼ぶほうがどうも一般的なこの料理…

我が家のぬか床さん

外国暮らしが長くなると、意外と日本のものが無くても困らなくなってきます。 実はあんまり日本食食べなくても、無いなら無いでまぁいっかー、と思ってしまう。 こんな感じなのでホームシックにもならず、長いこと海外に出っぱなしになったのかもしれません…

【プロジェクト・エルサレム】4品目:ひよこ豆+スパイス

「エルサレム」料理本のレシピを全部作ったれプロジェクト第4弾。 中東料理に欠かせないお豆といえば、ひよこ豆。 これをマッシュして、タヒニ(ゴマペースト)やオリーブオイルとまぜまぜするとフムスというディップになります。 スープに入れても良し、そ…

【世界の朝ごはん】イギリスの朝ごはんといえば!

平日の朝はバタバタでさすがにゆっくりご飯を食べている時間もありませんが、一番好きなのは週末の朝なんかにゆっくり食べる朝ごはん。 時々世界の朝ごはんシリーズと称して、色々な国の朝ごはんを作ってみています。 その第一弾は、エゲレス! 去年、一昨年…

吹きこぼれ防止ハック

ちょっと前にFacebookでまわってきてたライフハック。 パスタを茹でてるとぶわーっっと泡があがってきて絶対吹きこぼれる!!! そんな時には木のヘラを鍋の上に置くと良いんですって。 実際やってみたら、あら不思議。 吹きこぼれる〜!と思うギリギリの所…

燃えない!スパゲッティ・アラ・サバティーニ

大学の同級生がイタリアに出張して、なんだか美味しそうなものを食べている写真やら動画やらをFacebookにポストしまくっていました。うう、妬ましい・・w その中で目についたのが、お店のおっちゃんが、テーブルの横につけたワゴンでパスタを何やら混ぜて、…

かなり赤い・ボルシチ

ロシア料理といえば、ピロシキにボルシチ。 ・・・あとはウォッカとか(違。 ロシア料理に関しては、日本料理といえば寿司とテリヤキ、と同等の知識しか持ち合わせておりませんでした。 あ、ビーフストロガノフもか。 日本にいた時も、本当に時々ですが、ピ…

日本の食材だけで作れる、偽中東サラダ

色んな国の料理を作っていると、なんだか家の中に色んな種類のスパイスが溜まり始めます。 そんな中で、そんなにしょっちゅう使うわけではないけれど、なんだか親近感があるスパイスのひとつが「スマック」です。 スマックってなんやねん! Wikipediaで見て…

【プロジェクト・エルサレム】3品目:カラフルなお豆サラダ

料理本「エルサレム」のレシピを全部作るぞプロジェクト第3弾。 これは夏頃に作ったもの。 サヤインゲン、緑色だけじゃなくて、白っぽいのもあるのを今まで知りませんでした。 Wax beansと呼ばれるもので、名前の通り緑のインゲンよりもちょっとスムーズな感…

カッとなってリラックマ

子供の小学校では毎年「多文化ナイト」と称して、自分が育ってきた文化を代表する食べ物を持ち寄ったり、クラフトをやったり、パフォーマンスをするというイベントがあります。 我が子が通う学校は、地域でも比較的多様性が無い(!)白人ばかりの学校。 そ…

あてどない、ホットミルクケーキ

甘いものを見たり作ったりするのは好きなのに、それを食べるのは苦手というジレンマに陥っています。 そうでなくても我が家のメンバーはがっつり肉食の人達ばかり。6歳の娘さえも、好きなものは肉汁したたるステーキ。誕生日会に呼ばれてもケーキを見ると逃…

築90年の我が家のスパイス置き場

築90年の借家に住んでいます。 ・・っていうとどんなボロ家やねん!って感じですが、アメリカは結構古い家に改装改装を重ねるケースが多いです。 外がレンガ造り・石造りの家や建物などは、外壁だけ残して中身は全部建て替えたり・・なんていうこともよくあ…

【プロジェクト・エルサレム】2品目:バターナッツかぼちゃと赤玉ねぎのロースト・タヒニとザータ和え

料理本「エルサレム」の料理を全部つくってしまおうプロジェクト2品目は「バターナッツかぼちゃと赤玉ねぎのロースト・タヒニとザータ和え」 料理名、長っ! ローストした野菜を「タヒニ」「ザータ」という中東系お料理ではよく使う調味料を和えて味付けした…

【にんにく料理】風邪の季節のキャラメルガーリックタルト

風邪が大変流行っております。我が家も子供が止めるのをきかずに薄着で遊び回った結果風邪を引き、それを私と旦那が頂きました。 子供は2日でケロッと治ったのに対して、大人はズタズタのボロッボロ。立ち直るのに1週間かかりました。若いって妬ましい。 免…

【プロジェクト・エルサレム】1品目:ナーマのファトゥーッシュ!

足掛け数年かかってますが、料理本「エルサレム」をまるっと全部作ってみよう企画をやっています。第1弾で最初に作成したのは、これ。 ナーマさんのファトゥーシュサラダ ナーマさんって誰やねん!と思ったら、この料理本の著者のひとり、サミ・タミーミさん…

あっという間に作れるベジタリアンなイタリアン3品

ロマネスコの仏頭蒸し 最近日本でもぼちぼち見られるようになった、この不思議な形の野菜「ロマネスコ」 じっと見ていると目が回る、自然のフラクタル。カリフォルニアでも手に入ります。 頭に載せて螺髪〜!などとやらないように。 切って茹でてパスタに和…

プロジェクト・エルサレム〜序章

もうだいぶ前になりますが、お友達の結婚式に招待されて初めてイスラエルを訪れました。危ないだなんだ色々言われましたが、結果は滅茶苦茶楽しくて、そして美味しい思いも色々した旅でした。 特にエルサレムの「アラブ側」で食べたお野菜が美味しかったな〜…

簡単!バノフィーパイ

毎日色々な料理を作り散らしているため、普段のご飯でもなんでも「我が家の定番」がなかなか生まれないことに危機感を感じている今日この頃。 「暮しの手帖」の料理本には、レシピは少なくとも3回作って初めてモノになる、と書いてあるのに、3回以上作ったレ…